顧客先企業の存続と発展に向け、FFS理論を活用した戦略的人事コンサルティングを行うティ・エム・ジー

TMG 株式会社ティー・エム・ジー

ホーム 最適組織編成支援 請求漏れ・経営改善・審査・指導対策 医療・介護 解説・運営支援
ホーム > 請求漏れ・経営改善・審査・指導対策 > NewCACS検定試験のご案内

NewCACS検定試験のご案内

1.検定の必要性

レセプト電子請求時代が到来し、医療のIT化は急速に加速し、レセプトの審査も従来の目視点検からコンピューター点検に変わり、突合点検及び縦覧点検が実施されます。医業経営コンサルティングもIT化に即応したものが要求され、その具体的ツールとしてNewCACSは非常に有効であることが実証されています。

しかし、効果的効率的に活用するためには、最低限必要な基礎知識が必要となります。本検定を受験され合格されますと、NewCACSを運用するための理解は十分に保有することが出来ます。

2.NewCACS基礎検定コース(step1)

①目標
NewCACSを有効活用するために最低限必要な専門知識を保有することを目標とする。
②検定の方法
インターネットを利用し、検定を実施する。
③効果
NewCACSの診断内容が十分に理解できる。

3.NewCACS応用検定コース(step2)

①目標
NewCACSの診断を実施し、受注とコンサルティングノウハウを保有することを目標とする。
②検定の方法
・弊社より送付した電子レセプトを基に収益現状分析を行い、診断受注のための提案書を作成する。
・受注による診断書(請求漏れ、生活習慣病、収益時系列)を作成する。
・診断報告会実施のポイントを文書化する。
③効果
NewCACSを活用してのコンサルティング受注及び事務所での活用が十分可能となる。

4.検定の合否

基礎検定コースを終了し、応用検定コースに合格した場合、NewCACS検定委員会より修了証を授与する。

5.NewCACS検定申し込み

別途申込書に必要事項を記入の上、メールまたはFAXで送信して下さい。次に検定料金を指定の口座へお振込下さい。入金確認後、必要書類等を送付いたします。

修了証サンプル

ページトップへ

診療構造最適化支援 Human Logic Laboratory