顧客先企業の存続と発展に向け、FFS理論を活用した戦略的人事コンサルティングを行うティ・エム・ジー

TMG 株式会社ティー・エム・ジー

ホーム 最適組織編成支援 請求漏れ・経営改善・審査・指導対策 医療・介護 解説・運営支援
ホーム > 最適組織編成支援 > FFS理論について

FFS理論について

FFS理論について

米国政府機関で開発・活用され日本でも約400社を超える上場企業に採用された最適組織編成理論。組織潜在力を引き出し、最強の“組織作り”と最適な“組織運営”が科学的手法によって実現できるFFS理論をご紹介します。

FFS理論における組織最適化とは

企業が現在の組織で業績を伸ばすためには、最少の人数で最大の利益を生む必要があります。そのためには、一人ひとりの能力を最大限に発揮する組み合わせである組織最適化(適材・適所)の実現が必要であります。当社は、今いる社員が気持ち良く仕事ができるだけでなく、組織の潜在力を発揮し、生産性を高めることで成長可能な組織作りを科学的に実現します。

組織最適化の効果は

組織を最適編成すると職位や役割に関係なく、チーム内で個性の違いによる役割分担が自然発生的に生まれメンバーの充実感や充足感が共に高くなるという結果が実証されています。

FFS理論の詳細については、FFS理論の使用権を保有している(株)ヒューマンロジック研究所のwebサイトをご覧下さい。

※弊社は(株)ヒューマンロジック研究所とパートナー契約を締結し、FFS理論による組織最適化の支援を行っています。

ページトップへ

FFS理論診断 Human Logic Laboratory